製品に関するトラブルは専門業者に依頼して解決

いつまでも綺麗にする

水廻りコーティングについて

「水廻りコーティング」というものをご存知でしょうか。これは水廻りを清潔に保つために専用の材料を用いてコーティングをするもので、さまざまな効果が期待できることから最近高い注目を集めています。水廻りコーティングをすると水切れが良くなるだけでなく水垢や油汚れも付着しにくくなり、汚れが着いてしまった時にも簡単なお手入れで落とすことができるようになります。  ここで注意したいのは、水廻りコーティングには耐久年数があるということです。当然施工時には業者から説明がありますが、これはあくまでも目安であって全ての家庭にあてはまるものではありません。それぞれの環境や使い方によって大きく耐久年数は変わってきますので、効果が薄れてきたと感じた場合には早めに相談をするようにしましょう。

新しい家ほどコーティングが必要

新築の時なら家中がきれいなので、水廻りコーティングは古い家に必要なもの・・・という認識をお持ちの方もいるかもしれませんが、じつは新しい家ほど水廻りコーティングは必要なのです。これには、平成15年に改正された建築基準法が大きく関係しています。この法律は、建材に含まれるホルムアルデヒドなどの有害科学物質の住宅への規制を義務付けたもので、近年の住宅は全てこの基準に沿って建てられています。これにより体に悪影響を及ぼす物質は大幅に減少することになったのですが、科学物質は室内のカビを抑える効果もあったため、近年の住宅は非常にカビが繁殖しやすい環境になっているのです。カビが健康被害を呼び起こすことは広く知られている通りで、家族の健康のためにも防カビ対策ができる水廻りコーティングは大切なのです。